古文書

こばやかわひであき(じひつ)しょじょう

小早川秀秋(自筆)書状

伊藤左馬宛 (慶長四年)六月十四日付

筑前より鷹を一居持ってくるといった書状。
秀秋と名乗っていることと、筑前より登り候とあるところから、この書状は、改易をとかれ名を秀秋と改め筑前にもどった極短い時期の慶長四年の十八歳の書状と推定される。自筆書状か。
宛名の伊藤左馬は不詳。秀秋は二十一歳の若さで亡くなっているので、このような書状は、大変貴重なものといえる。紙面に少しシミ有り。

1幅

1,944,000