古文書

こうのもろなおきんせいしょじょう

高師直禁制書状

建武三年(一三三六)正月二十三日付

足利尊氏は、建武二年十二月に新田軍を箱根・竹ノ下の戦いで勝利し、そのまま西に向かい翌年一月十一日に京に入っている。この書状は、その京都の治安を守るため尊氏が高師直に指示し山崎の寳積寺に発給した禁制文書。しかし、尊氏は二月十日に豊島河原の戦いで敗れ、博多に逃げのびている。
高師直の文書が坊間に出る事は珍しい。

本紙:縦三十一糎・横四十七糎 上表具 函
旧前田侯所蔵品

 

1幅

3,780,000